作品展示
今週の新規展示
 
和楽之図
橘天敬
1975年
六曲一双
218cm × 702cm x 2
大英博物館所蔵

橘天敬は差し渡し10メートル以上ある大きな屏風絵を多く描いています。下絵を一切描かずに表現した、生命力あふれる大胆な屏風絵の数々は、英国の大英博物館やアメリカのスミソニアン博物館などに、今も展示されています。
 
メトロポリタン美術館蔵「フランシスコ・デ・ゴヤ」


ゴヤはディエゴ・ベラスケスと並ぶスペイン最大の画家です。18世紀から19世紀にかけての激動の世紀を生きたゴヤは、宮廷画家としての肖像画や装飾画などをはじめ、おびただしい量の画布を残しています。そこでは、彼の特異な精神に根差した、幻想的で、時には奇怪な、光と影を表した作品も少なくありません。
ここでは、メトロポリタン美術館が所蔵するゴヤの油絵を選び出し、展示しています。
 
核と根幹展
洒脱

読んで文字通りの"洒脱"さえも表現したかった分野です。固定観念や既成概念に捕らえられ無いと言う言葉が、洒脱と言う言葉に最も近い存在かとおもいます。日本人ならではの洒脱さであったり、ある種の逸脱であったりを感じていただけますと幸いです。
 
富嶽三十六景

富嶽三十六景は、葛飾北斎が版元から依頼されて製作した連作で、富士山を望むさまざまな景色を描いています。好評ゆえにさらに10図が追加され、46点の作品があります。ここではそこから14点を選んで展示しています。
 
飛躍する銀鱗
橘天敬
1963年
六曲一双
178 x 512 cm x 2

橘天敬は差し渡し10メートル以上ある大きな屏風絵を多く描いています。下絵を一切描かずに表現した、生命力あふれる大胆な屏風絵の数々は、英国の大英博物館やアメリカのスミソニアン博物館などに、今も展示されています。
 
餓鬼草子
国宝
平安時代・12世紀
紙本着色
26.9 x 380.2 cm
東京国立博物館蔵

餓鬼は生前の悪行の報いとして、永遠に飢えと渇きに苦しむ死者の霊です。餓鬼たちは、ある時はおどろおどろしく、ある時はユーモラスに生き生きと人間生活の場に遍在していますが、人間たちにはその姿は見えていません。平安時代に人々がどのように暮らしていたかを知る興味深い資料でもあります。
▶ 全展示を見る
クリックするとブラウザ上で3DのCGで展示が見られます*
* ローディングに1分以上かかることがあります(次回から速くなります)

八景デジタルアートキューブは、WEB 版とアプリ版の2タイプご用意しています
 
サイトタイトル
Web
Webブラウザタイプ
いま、お使いのブラウザの中で 3次元CGで美術展を見ることができます
サイトタイトル
Application
高品質アプリケーションタイプ
8K/4Kの超高品質・超高解像のバーチャルミュージアムです Windows10マシンのアプリケーションによる 製品版をご用意しています